FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日焼け止めクリームと紫外線.




日焼け止めクリームは、だいたい5月くらいになると多くの女性が化粧下地として使用するようです。
夏だけではなく、初夏の前から日焼け止めクリームを使用することは、紫外線を防止するための当たり前のこととなりつつあります。
紫外線の量は、日焼け止めクリームの使い方に大いに関係してくるのです。
皮膚のしくみから簡単に解説しますと、皮膚は体の一番外側にある臓器であり、皮膚の表面から深部に向かって表皮、真皮、皮下組織の3層から形成されています。
皮膚の組織の中で、紫外線や化学物質などの有害なものから体の中を保護しているのを表皮と言います。
表皮が形成されているのは角質層、顆粒層、有蕀層、基底層の4つの層で、表皮細胞がその基底層から作られます。
生まれた表皮細胞は有蕀層、顆粒層、角質層へと上がっていき、角質層で垢となりはがれていくのです。
この肌の変化のことがターンオーバーと呼ばれており28日サイクルで新しい皮膚が誕生します。
日焼けのしくみはというと、基底細胞の中に点在しているメラノサイトがメラニン色素を作り出し、これが日焼けの元を作っているわけです。
こんな日焼けの元であるメラニン色素も、実は紫外線が皮膚細胞を破壊しないように守るという、大変重要な役目も持っているのです。
とはいうものの、日焼けは皮膚に少なからず負担をかけることなので、肌の老化やしみ、しわ、そしてたるみなどを防ぐためにも、日焼け止めクリームを使って日焼けを防ぐことが大切です。
紫外線から肌を守り、いつまでも若々しい肌を保つためにも日焼け止めクリームは必須のアイテムです。
最大の敵 しみの原因になりますからね!

脂肪が燃焼していくダイエットというシークレットノウハウを人数限定で無料プレゼント中です。

テーマ : 女性の悩み解消しましょう!
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。