FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日焼け止めクリームの成分




 日焼け止めクリームは、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤という2つの成分から作られているのです。
紫外線散乱剤の働きは、日焼け止めクリームの役目である、紫外線から肌を保護することです。
紫外線散乱剤が肌を覆い、紫外線を反射することで肌を日焼けから防ぐのです。
この紫外線散乱剤は、紫外線から大切な肌を守りますが、紫外線吸収剤よりも肌に与える負担が軽いのが特徴です。
紫外線吸収剤があまり多く配合されていない日焼け止めクリームは、紫外線をカットする力も低めです。
主に紫外線散乱剤で構成されているものがほとんどです。
紫外線吸収剤の力は、その名前の通り、紫外線を吸収することなのです。
紫外線を熱エネルギーに変えることで、紫外線の肌への浸透を防ぐという役目をします。
このような力を持った紫外線吸収剤ですが、紫外線を吸収するという力が酸化を起こすため、肌へよくない影響を与えてしまうのです。
そんなわけで、あまり度々使っていると、肌は負担を感じて以前より不健康な肌になる可能性もあります。
紫外線カット力の強い日焼け止めクリームは、日焼け防止には大きな味方といえます。
しかし肌の健康を考えれば、過剰に使うことは危険かもしれません。

 成分の確認も大事ですよ!

テーマ : 敏感肌、乾燥肌、美肌
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。