FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日焼けと日焼け止めクリーム




紫外線が皮膚を照射し、皮膚が赤くなって炎症を起こす症状を、一般的に日焼けといっています。
日焼けの説明でもうひとつできるのが、皮膚表面にメラニン色素が沈着した状態ということです。
皮膚が太陽からの紫外線をしっかり浴びたとき、または人工の紫外線灯が使われて、その照射を過剰に浴びたときなどに日焼けが起こります。
メラニンの保護能力というものは、皮膚が受けた紫外線から保護できなかったりすると、日焼けにつながります。
メラニンの保護能力が多いかどうかによって日焼けの度合いが決まるわけで、肌の色の黒さと日焼けしやすさが比例するのはそのせいです。
紫外線こそが日焼けを起こす原因そのものです。
短波長紫外線、中波長紫外線、長波長紫外線、これらの3つが紫外線を分けている種類です。
日焼けを起こす紫外線は、発がん性物質をもたらすといわれているため、外で長時間日に照らされるようなときは、UV効果のある日焼け止め化粧品などを使ったほうがいいでしょう。
肌を紫外線のダメージから守るために、日焼け止め効果のある化粧品などを使うといいのです。
日焼けをすると肌がひりひりすることもありますが、日焼け止めクリームはこれも抑えてくれます。
日焼け止めクリームは以前に比べると、質がよくなってのびが大変よくなり、付け心地のよいものもぐっと増えています。
以前よりずっと使いやすいようになっているので、外出の際もいつも携帯して塗るようにするといいでしょう。

テーマ : 美容と健康
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。