FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日焼け止めクリームを選ぶ時の注意点.使用方法.




まず日焼け止め用品にはSPFの値が必ず書かれてあります。
シミやそばかす、そして皮膚がんの原因でもある紫外線B波を遮断する力を表しているのが、SPF値です。
これは何もつけていない肌と比較した場合、日焼けをし始めるまでの時間を何倍にまで延長できるか、という目安の数字なのです。
SPF値が3の場合、日焼けし始めるまでの時間を4倍にまで延ばせる、ということを意味しています。
また、SPF値と同様に記されている数値があり、これがPA値です。
この値は+、++、+++というように3段階で示され、皮膚を黒くしたりしわやたるみを作る元である紫外線A波(UVA)を防止する力を表しているのです。
また、香料・着色料・防腐剤・紫外線吸収剤無添加・吸収剤不使用と書いてある日焼け止めクリームを選ぶことも肌にとっては負担や害にならないのでお勧めです。
紫外線から肌を守る日焼け止めクリームも、長時間の使用は肌にとっていいことではありません。
SPFが高すぎても肌に負担がかかりますから日常、日焼け止めクリームをつける場合には、SPF20くらいが良いと言われています

日焼け止めクリームの使用方法.
日焼け止めクリームを効果的に利用するならば、その人の生活のパターンや外出の時間帯などに合わせて使い方を変えることです。
紫外線を効果的にカットする日焼け止めクリームも様々な使用方法があります。
例えば、室内でお仕事をしている人が日に当たるのは朝の通勤だけです。
1日で日に当たるのが20~30分くらいのものなら、日焼け止めの化粧品などは無理に毎日使わなくてもいいでしょう。
日焼け止めクリームを1日中肌に付けっぱなしにすることで、かえって肌にはマイナスでとなります。
ファンデーションに紫外線防止効果のあるものを使い、日焼けする部分に多く塗るようにするだけで、日焼け防止になります。
真夏の日焼け対策としては、普段使う化粧品やスキンケア用品を使い、日焼け止めクリームは部分的に使うようにすれば効果的です。
家事で1日のうち何度も外に出て日に当たることのある主婦は、毎朝のスキンケアの後に日焼け止めクリームを使うようにし、SPF値は20、PAは++程度のものを選ぶといいでしょう。
それと同時にパウダーファンデーションを使うようにして、紫外線防止の対策を強化しましょう。
額や頬骨、鼻は紫外線が当たりやすい場所ですから、他の部分よりは多めに日焼け止めクリームを使用しましょう。
海水浴、キャンプなど屋外のレジャーでは、日に当たる時間が長くなるので、日焼け止めクリームのSPF値の高いもの、SPF値20くらいを重ね塗りして使用することで日焼けに対処することが可能です。
日焼け止めクリームを使用した後のクレンジングも大切なポイントで、日焼け止めクリームはファンデーションに近い成分のため洗顔料だけでは完全には落ちないので、クレンジング料と洗顔料でのダブル洗顔のあと、しっかり化粧水と保湿をして肌をケアしましょう。

テーマ : 女性の悩み解消しましょう!
ジャンル : ヘルス・ダイエット

日焼け止めクリームと紫外線.




日焼け止めクリームは、だいたい5月くらいになると多くの女性が化粧下地として使用するようです。
夏だけではなく、初夏の前から日焼け止めクリームを使用することは、紫外線を防止するための当たり前のこととなりつつあります。
紫外線の量は、日焼け止めクリームの使い方に大いに関係してくるのです。
皮膚のしくみから簡単に解説しますと、皮膚は体の一番外側にある臓器であり、皮膚の表面から深部に向かって表皮、真皮、皮下組織の3層から形成されています。
皮膚の組織の中で、紫外線や化学物質などの有害なものから体の中を保護しているのを表皮と言います。
表皮が形成されているのは角質層、顆粒層、有蕀層、基底層の4つの層で、表皮細胞がその基底層から作られます。
生まれた表皮細胞は有蕀層、顆粒層、角質層へと上がっていき、角質層で垢となりはがれていくのです。
この肌の変化のことがターンオーバーと呼ばれており28日サイクルで新しい皮膚が誕生します。
日焼けのしくみはというと、基底細胞の中に点在しているメラノサイトがメラニン色素を作り出し、これが日焼けの元を作っているわけです。
こんな日焼けの元であるメラニン色素も、実は紫外線が皮膚細胞を破壊しないように守るという、大変重要な役目も持っているのです。
とはいうものの、日焼けは皮膚に少なからず負担をかけることなので、肌の老化やしみ、しわ、そしてたるみなどを防ぐためにも、日焼け止めクリームを使って日焼けを防ぐことが大切です。
紫外線から肌を守り、いつまでも若々しい肌を保つためにも日焼け止めクリームは必須のアイテムです。
最大の敵 しみの原因になりますからね!

脂肪が燃焼していくダイエットというシークレットノウハウを人数限定で無料プレゼント中です。

テーマ : 女性の悩み解消しましょう!
ジャンル : ヘルス・ダイエット

日焼け止めクリームの成分




 日焼け止めクリームは、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤という2つの成分から作られているのです。
紫外線散乱剤の働きは、日焼け止めクリームの役目である、紫外線から肌を保護することです。
紫外線散乱剤が肌を覆い、紫外線を反射することで肌を日焼けから防ぐのです。
この紫外線散乱剤は、紫外線から大切な肌を守りますが、紫外線吸収剤よりも肌に与える負担が軽いのが特徴です。
紫外線吸収剤があまり多く配合されていない日焼け止めクリームは、紫外線をカットする力も低めです。
主に紫外線散乱剤で構成されているものがほとんどです。
紫外線吸収剤の力は、その名前の通り、紫外線を吸収することなのです。
紫外線を熱エネルギーに変えることで、紫外線の肌への浸透を防ぐという役目をします。
このような力を持った紫外線吸収剤ですが、紫外線を吸収するという力が酸化を起こすため、肌へよくない影響を与えてしまうのです。
そんなわけで、あまり度々使っていると、肌は負担を感じて以前より不健康な肌になる可能性もあります。
紫外線カット力の強い日焼け止めクリームは、日焼け防止には大きな味方といえます。
しかし肌の健康を考えれば、過剰に使うことは危険かもしれません。

 成分の確認も大事ですよ!

テーマ : 敏感肌、乾燥肌、美肌
ジャンル : ヘルス・ダイエット

日焼けと日焼け止めクリーム




紫外線が皮膚を照射し、皮膚が赤くなって炎症を起こす症状を、一般的に日焼けといっています。
日焼けの説明でもうひとつできるのが、皮膚表面にメラニン色素が沈着した状態ということです。
皮膚が太陽からの紫外線をしっかり浴びたとき、または人工の紫外線灯が使われて、その照射を過剰に浴びたときなどに日焼けが起こります。
メラニンの保護能力というものは、皮膚が受けた紫外線から保護できなかったりすると、日焼けにつながります。
メラニンの保護能力が多いかどうかによって日焼けの度合いが決まるわけで、肌の色の黒さと日焼けしやすさが比例するのはそのせいです。
紫外線こそが日焼けを起こす原因そのものです。
短波長紫外線、中波長紫外線、長波長紫外線、これらの3つが紫外線を分けている種類です。
日焼けを起こす紫外線は、発がん性物質をもたらすといわれているため、外で長時間日に照らされるようなときは、UV効果のある日焼け止め化粧品などを使ったほうがいいでしょう。
肌を紫外線のダメージから守るために、日焼け止め効果のある化粧品などを使うといいのです。
日焼けをすると肌がひりひりすることもありますが、日焼け止めクリームはこれも抑えてくれます。
日焼け止めクリームは以前に比べると、質がよくなってのびが大変よくなり、付け心地のよいものもぐっと増えています。
以前よりずっと使いやすいようになっているので、外出の際もいつも携帯して塗るようにするといいでしょう。

テーマ : 美容と健康
ジャンル : 心と身体

sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。